report

設計士が選ぶ家具の話④

2021.04.05

こんにちは。熊谷です。

今回はダイニングテーブルのはなし

 

みなさんはテーブルを新調するタイミングはいつでしょうか?

家を建てる(購入する)タイミングの方が多いイメージがあります。

 

賃貸で使っていたお手頃価格のものを住宅購入にあわせて

お家の雰囲気に合うように、見た目に素材、デザインが負けないように

買い替える。

そんな人が多いのではないでしょうか。

 

我が家は賃貸ですが、広くもないですが

一生つかうダイニングテーブルに買い替えました

 

どんなものかというと

無垢材(ブラックチェリー)の丸テーブルです

 

サイズは1050

脚は三本足。

 

なぜこれを選んだかというと

以前は通常より低い高さの長方形ダイニングテーブルでした

サイズも大きい(もともと賃貸向きじゃない(笑)

脚の付け方も座る方向に制限があるので

賃貸では使い勝手が悪く限界を感じました

 

そこで買い替え

 

検討した結果このテーブルにした理由

・サイズ1050は3~4人かけれる

・天板の丸み加工が美しかった

・この丸テーブル全体の形が美しかった

・どこでも座れる、通れる。丸テーブルのメリットが長方形より多い

・ブラックチェリーの経年変化したテーブル(実物)がいい味をだしていた

・夫婦ともにこのテーブル素敵と思えた

・4本脚よりも3本脚のほうがすっきりしていた

 

こんな理由です。

一番は「美しかった。」これにつきます。

この先ずっと使い続けたときの天板の変化が

楽しみだと思えるテーブルだった

毎日の食卓がより楽しくなりそうだった

我が家のライフスタイルに合いそうだから。

一生ものと思い購入しました

 

賃貸には正直大きいですが

ライフスタイルにぴったりなので

満足しています。

 

大きな家具は住宅購入のときとつい思ってしまいますが

賃貸の時からお気に入りで整えるというのも

日々がより楽しくなります

 

賃貸だけど、一生もののダイニングテーブルを買った話でした

 

 

新築住宅・リフォーム・tatazumai・介護保険住宅改修

株式会社モジュールホーム 熊谷

 

〒910-0854 福井市御幸4丁目19-30
Tel.0776.26.0018
Fax.0776.26.0373
E-mail info@module-home.jp